ライザップ料金&食事の真実

ライザップの料金が安くなる!?入会前に知りたい基礎知識

村田諒太がライザップで世界王座に挑戦!確かな減量をサポート

「ライザップに通う必要のある人は?」と言われると殆どの人が、「太っている人」と答えると思います。
もちろんCMでは太っている身体をいかに細く見違えるようになるかと伝えんばかりですのでその答えは間違ってはいません。
しかし、痩せている人でもライザップを利用する機会はあります。
例えば体重が軽いほど有利になりやすい競馬や競艇の選手がそうでしょう。

そして、一つの階級が5kgぐらいの範囲で設定されている格闘技の選手なども挙げられます。
今回紹介しますのはボクシング、村田諒太選手の話です。

今までのカラダを脱ぎ捨てろ![ライザップ]気になるBefor Afterはこちら

村田諒太がライザップで世界に

村田選手をご存じの方も多くいると思います。
12年ロンドン五輪以降プロボクシングに転向、現在12戦12勝9KOと正に破竹の勢いで勝利。17年5月20日についに世界戦を迎えます。

村田選手は身長182cm、普段は77kgぐらいの体重ですごしているそうです。
もちろんこれでも充分に細い体型なのですが、階級はミドル級、体重の上限リミットは72.5kgなので約5kgの減量に挑まなければなりません。
村田選手は「減量はあまり苦ではない。」と話していますが、体調管理を栄養面から行っているわけでもないので、普段の食事を少し控え、トレーニングを行うと自然に落ちる。
といった感覚でいるのかもしれません。

しかし村田選手も今年31歳、ただ適当に食事を少し控えると本当に必要な栄養素を取り入れることができないかもしれません。
しかし取り入れることで体重が落ちなければ元も子もありません。
そこで白羽の矢がたったのはマンツーマントレーニングを行い、栄養指導も積極的に行ってくれる「ライザップ」でした。

5月20日の試合に向け、4月からはライザップから食事面のサポートを受けている村田選手。
同月9日にあった公開練習において「ステーキも200gならOKとか、練習後は炭水化物を取るように指導される。
最初はただ「食べるな。」と言われると思ったけど、びっくり。助かっている。」とコメントしています。

この時点での体重はおよそ75Kg、妻と2人の子供の待つ家庭での食事もいつも通り、
それどころかその前日に外食していたそうで「ちょっと食べ過ぎた。」と試合前の選手とは思えないコメントを残しています。

そのリラックスした状態がいい結果を生み出したのでしょうか、
9日の公開練習は報道陣が80人も詰めかけた状態での練習でしたが、村田選手は落ち着いており、笑顔も見せたそうです。
 今回の試合が注目されている理由はこの試合で村田選手が勝利した時、1995年のミドル級王者竹原慎二氏以来のミドル級王者の誕生になります。
重量級は海外選手の独壇場になっている中でその重責も物ともせず「調子が良い時も悪い時もあったが、波を越えて最終的にいい形になってきている。
ベストを尽くせば面白い試合になる。期待して欲しい」とコメント。王座を勝ち取るための意欲を見せていました。

今までのカラダを脱ぎ捨てろ![ライザップ]気になるBefor Afterはこちら

   

 - ライザップニュース